Most Likely to Succeed
  • タイトル:
    Explayground Cinema 「Most Likely to Succeed」
  • イベント日時:
    2019/12/18
  • 会場:
    東京学芸大学 小金井キャンパス S棟103教室
  • 時間:
    15時~18時
  • 詳細:

    未来を生きる子どもたちに必要な学びと、いま私にできること。

     

    Explayground は、未来に向けての新しい学びを創造する活動です。
    「遊びから生まれる学び」に代表されるように、何かに没頭する中から得る学びを大切にしています。

     

    今回は、未来の社会課題と教育のあり方を考えさせる映画「Most Likely to Succeed」を観て学生と社会人がディスカッションする会を開催します。「今の教育はこのままで良いのかな」という疑問を頭のどこかに抱えている人は、ぜひこれをヒントにして一緒に考えてみましょう。

     

    この映画は、世界20カ国、7000もの図書館や学校で上映されています。米国の High Tech High というPBL(Project Based Learning)を中心に据えた公立高校を紹介していますが、必ずしもこれが理想とは限りません。観た人それぞれが考えさせられる作品です。

     

    今回は、この映画を観て「これは学芸大生のみんなにも観てもらいたい!」と感じた学芸大生がファシリテートします。

     

    【学芸大生のみなさんへ】(ファシリテーターより)

    東京学芸大学で教育を学ぶ私たち。
    これから先生になるかもしれないし、教育にかかわる
    仕事に就くかもしれない。
    でも、教育ってなんのためにあるんだろう。
    いまの日本の教育の当たり前は、本当に
    これからを生きる子どもたちのためなのかな。

     

    カリキュラムも教科書も、テストも成績もない。
    アメリカ・カリフォルニア州にあるHigh Tech Highという
    チャータースクールを追ったドキュメンタリー映画
    「Most Likely to Succeed」を通して、受験偏重型教育と
    生きる力を身に着ける実践的な教育のバランスなど、
    さまざまな教育にまつわる視点について
    さまざまな立場の参加者全員が考え、対話します。

     

    現在の教育の在り方をどう変えるか。
    教育にかかわる者として、自分は何を考え何をするか。

     

    大人も学生も関係ない。
    大学の中で、大学を超えた学びの場を展開します。

     

    日時:2019年12月18日(水) 15:00-18:00

    場所:東京学芸大学 小金井キャンパス S棟103教室
    東京都小金井市貫井北4-1-1
    下記、キャンパスマップの青14番です。
    https://www.u-gakugei.ac.jp/english/pdf/campusmap.pdf

    参加費:学生は無料、それ以外は 1,000円

    申し込み:以下のフォームからお申し込みください。
    https://forms.gle/QUnCqd4skoPEDcVa9

    定員:学芸大生30名、その他20名 (先着順)

    ※ 映画は英語音声+日本語字幕です。

    ※ 12月13日(水) 18:00からも同内容で開催します。どちらかご都合のよろしい方にご参加ください。